*

NEWS

未解決事件、探偵が解決してほしい

未解決になっている事件や時効になった事件、迷宮入りしてしまった事件などをかたっぱしから掘りかえして解決してほしい。 昔の3億円事件や、連続殺人などは犯人や動機が分かっていないものが多く、けれども時間とともに忘れられつつある。 当時の捜査員や関係者などは高齢になり、事件の記憶もあいまいになってきているかもしれないが、探偵ならではの着眼点で 解決に導いてほしい。 犯人を見つけるだけでなく、遺族やいまだにおびえている人達を救ってほしい。 結婚前調査

四六時中「痩せたいな~」

パンツをはくときに息を吸ってお腹をへこませてからはく時。パンツをはいてお腹の肉がのってしまった時。Tシャツを着た時。椅子に座ってご飯を食べていると時。(食べているときにお腹に視線がいってしまうのと、食べているものがまた身になるのかと思ってしまうから)テレビでウエストが見えている女性を見た時。(それが出産を終えた女性であればなおさら痩せたいと思う)お風呂に入る際、鏡で自分の体を見た時。こどもにおなかを触られて、ぶよぶよって言われた時。 宇都宮全身脱毛ランキング.xyz

日々の戦いに疲れました。

とりあえず毛深い。というより、毛の一本一本が太くて黒い。なので、毛数はそんなに多くないとは思うのだけれど、数本でも生えているとその存在感が半端ない。冬でも、少し腕まくりしたときなどふとした拍子に毛が顔を出すの嫌さに、毛の処理を怠ることができない。夏は言わずもがなで、毎日毎日念入りにチェックしないといけないので疲れる。自分で処理するのに限界を感じ、脱毛エステに通ったことがあるけれど、行く度に高額なケア商品を勧められてゲンナリ。一緒に行った友達はそんなに勧誘されなかったみたいで、毛が濃い私にターゲットを絞ったみたいで腹が立った。ムダ毛ってほんとムダ!! http://eventzz.net

考え出すとキリがない

実際にコンピュータのディスプレイの前に座り止まることなく変化している為替相場を見るとどことなく注文をしたくなるという思いが生まれる事も少なくないだろう。

だけど、はっきりしない思いでトレードすることは、断じてしてはいけません。

http://blog.livedoor.jp/bae7g98e677/

ご存知の通り、マーケットは年中、いかなる時でもいずれかの国で市場がやっているし為替レートもどういう時でも、動いています。

 

だからといって、注文を重ねていると、その分損失が生じるリスクが高くなってしまいます。

当然、エントリーの数を経験することによって、トータルで勝利する確率か五分五分になるのは周知の通りです。

 

しかしこの事実は「なんだか分からないインスピレーションで売買」とは別の話です。

 

取引回数を重ねるというのは、自ずから「ここはいける」と直感したチャンスを得たうえでの売り買いの回数を増やすという意味です。

 

理由がなく、休む間もなくエントリーを積むのとはかなり違う。

 

外国為替相場の戦いに勝つためには、白分でよく考えてけじめをつけることこそが重要です。

 

「ここはいける」とよく考えた外国為替市場の時には、ポジションを増やして、覚悟を決めて利益を追い求めます。

 

「難解なマーケットで、どう上げ下げするのか理解できないな」と考えた時はいっそのこと所有ポジションをすべて諦めて何もしません。

 

そのくらいのリズムをつけた方が、結果的には売り買いはうまくいくものだ。

 

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

実に言葉どおりだと思います。

 

為替取引とはいつもポジションを持つことが大事ではなく売買ポジションを保有せず何もしないことも場合によっては相場です。

 

それならば、どのタイミングで、休みどきなのでしょうか。

 

ひとつは、先述した通り、今の相場展開が今ひとつ難しいときです。

 

現状から円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時は、考え無しで行動すると、思ったシナリオとは逆にマーケットが動いてしまい損してしまいます。

 

だから、こうした場面ではポジションを閉じ様子をみるのが最善の策です。

 

次に、自身の体の調子が悪いときです。

コンディションとマーケットにつながりがない思う方もいますが思ったより関係がある。

 

コンディションがよくなければ相場の決断しなければいけない状況で正しい判断が出来ない場合があります。

 

気乗りがしない時はトレードから目をそらす事も重要な事です。

 


為替レートを見極めろ

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを取引して利幅を稼ぐ商品です。

 

値段は1日中上下しています。

それが為替レートです。

 

ラジオのニュースを聞いているとマーケットのニュースが流れる時があります。

 

見かけるのが、「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表しています。

 

要するに、FXには買いと売りの2つの値段が存在している事を表しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で表している取引業者も存在しています。

 

普通は売値が安価に決定されています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

この差分をスプレッドといいFX業者の利益となっています。

 

スプレッドの広さは業者によって変わります。

 

スプレッド幅はあなたにとってコストになるので、低い取引業者をセレクトするほうが儲けられます。

 

ただし、同じFX業者でも場面によってスプレッドの狭さは変動します。

 

例えばドルと円の組合せで1銭のスプレッドであってもマーケットの動きがとても激しい状態では3銭、4銭になったりする場合があります。

 

なので、スプレッドが狭いのと同じくらい、変化しない事が大切です。

 

近頃では動かないスプレッドを提示する取引会社も多く存在しています。

 

リアルに取引会社の売り買い画面の上で現実の市場を見て確認しなければ評価できないので億劫ですが必要不可欠な事です。

 

貴重な財産を預けてトレードしますので、本当の注文の前に魅力的に思えたFX会社の新規口座開設をいくつもしてスプレッドの狭さを実感しましょう。

 

同じ通貨でもそのタイミングの条件によって通貨のスプレッドの差は変化します。

http://maruta.be/qxvfck

いつもはインターバンクで取引量の多い通貨ペアではスプレッドの広さが小さく、あとのペアではスプレッドの差が大きくなるのが一般的です。