*

為替レートを見極めろ

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを取引して利幅を稼ぐ商品です。

 

値段は1日中上下しています。

それが為替レートです。

 

ラジオのニュースを聞いているとマーケットのニュースが流れる時があります。

 

見かけるのが、「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表しています。

 

要するに、FXには買いと売りの2つの値段が存在している事を表しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で表している取引業者も存在しています。

 

普通は売値が安価に決定されています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

この差分をスプレッドといいFX業者の利益となっています。

 

スプレッドの広さは業者によって変わります。

 

スプレッド幅はあなたにとってコストになるので、低い取引業者をセレクトするほうが儲けられます。

 

ただし、同じFX業者でも場面によってスプレッドの狭さは変動します。

 

例えばドルと円の組合せで1銭のスプレッドであってもマーケットの動きがとても激しい状態では3銭、4銭になったりする場合があります。

 

なので、スプレッドが狭いのと同じくらい、変化しない事が大切です。

 

近頃では動かないスプレッドを提示する取引会社も多く存在しています。

 

リアルに取引会社の売り買い画面の上で現実の市場を見て確認しなければ評価できないので億劫ですが必要不可欠な事です。

 

貴重な財産を預けてトレードしますので、本当の注文の前に魅力的に思えたFX会社の新規口座開設をいくつもしてスプレッドの狭さを実感しましょう。

 

同じ通貨でもそのタイミングの条件によって通貨のスプレッドの差は変化します。

http://maruta.be/qxvfck

いつもはインターバンクで取引量の多い通貨ペアではスプレッドの広さが小さく、あとのペアではスプレッドの差が大きくなるのが一般的です。

 



コメントする